「未分類」カテゴリーアーカイブ

転職希望者集まれ!

フラワーアーティストとして転職してみたいという声を多く耳にするため、フラワーアーティストとしてのお仕事調査をしてみました。年齢制限や、特殊な資格、検定が必要では無い分、奥が深く幅広い様々な知識、スキルを求められるお仕事なのだなというのが実感でした。実際には、材料の仕入れの為、早朝の市場へ行ったり、花々の下処理や水揚げとして過酷な水仕事があったり、植物の保存環境を安定させるために、室内の温度を過剰な設定にしたりと、人間が住み心地の良い環境内での作業ばかりではなさそうです。そのような安易ではない環境下でも人々の間で、フラワーアーティストの職業は、憧れの就職先として注目を集めています。私自身も、転職サイトなどのフラワーアーティスト関連の特集記事に魅了されるように、フラワーアーティスト関連の記事を集めるようになりました。でえすが、いざ転職を考えるとなると、それなりに覚悟が必要な職業のようです。フラワーアーティストを目指す事は、入り口としては、狭き門ではなさそうですが、安定したお仕事を得ていく為には、自分にあったスタイルをみつけていく必要性がありそうだなと感じました。正社員、契約社員、アルバイト、パート、フリーなどといった、様々な形態での職場はみつかりそうですが、私自身が、どのようなフラワーアーティストになりたいのかという、まずは、初歩的な目標を掲げていきたいと考えています。フラワーアーティストは、ウェディング、葬儀、記念日、などの特別な日に加え、ホテル、レストラン、イベント、コンサート会場、テレビ放送など、あらゆる場で、その活躍をみせる職業でもあります。皆さんも、日常生活や街中に溢れるフラワーアーティストのお仕事を見つけ出してみて下さい。新たな発見がみつかるかもしれません。

ウェディングという舞台

フラワーアーティストが作るウェディング装花は、花嫁のもつブーケ、新郎の胸に飾るブートニアの他に、テーブルフラワーやフラワーオーナメントなど様々な姿、形があります。材料となる草花や、装飾品が多ければ多いほど、豪華には感じますが、その分費用が増えるのではないかと、コスト面での心配も増加していきます。フラワーアーティストとしてのお仕事は、ウェディングなどの依頼を受けた会場を、華やかで素敵な空間に仕上げる必要はありますが、依頼者から受けたコスト内の企画を打ち出し実現させなくてはなりません。いくらウェディングデコレーションがうまくいったからといっても、提示されたコストを上回ってしまったら、フラワーアーティストとしての仕事を成功させた事にはつながりません。フラワーアーティストには、作品としての成功と、コスト面からの成功を成し遂げるミッションが課されているのです。材料となる生花は、季節ごとにもその価格は上下し、常に安定しているものではありません。依頼者が提示するコストで、華やかなウェディングを演出するには、どのような花々を使用することで、ベストな環境を作り出せるのであろうかといった、花々に幅広く深く精通する専門的な知識が必要とされるお仕事でもあります。花々をデザインする感性やセンスはもちろん必要ですが、花々を長持ちさせる知識や、季節を盛り込んだ作品づくり、目的や用途に合わせた花選びなど、臨機応変なスキルが問われる職業でもあるのです。実際に、フラワーアーティストとして活動するためには、お花を生けているだけでは、成し遂げられないようです。

人を惹きつけるアレンジ

先日、訪れたレストランで素敵な花飾りをみつけたので、店主に尋ねてみると、フラワーアーティストさんの作品でありました。店主から、紹介して頂いたフラワーアーティストの先生のワークショップのお知らせを持ち帰り、自宅でサイト検索してみると、その方による様々な作品がサイト上で見る事ができました。主な作品は、ウェディングの際の、花嫁の持つブーケだったのですが、その形状には様々な呼び名がある事に驚きました。最近のウェディングに出席すると、おしゃれな雰囲気の会場が多いのですが、花嫁のもつブーケ1つに関してしても細部にまでこだわりをもって、演出するものなのだなぁと関心してしまいました。ゴンドラやドライアイスにまみれて花嫁が入場する時代は遥か彼方、もうすでに時代の中で絶滅したのだと痛感させられました。バラの種類を1つ選ぶにしても、なんだか1日では選びきれないような様々な形状の種類があります。ウェディングなどを装飾する為の花々を「ウェディング装花」などと呼ぶそうなのですが、専門家が作るブーケは、宝石のような美しさを感じられました。フラワーアーティストたちが、厳選した花々を卓越したテクニックで紡ぎ上げていくブーケやブートニアは、本当に、特別な日に相応しい装いそのものだと感じます。草花を愛する人々が、フラワーアーティストに憧れを抱く理由がなんとなく理解できました。私が先日、フラワーアーティストへの転職を特集した記事を、みかけた際、そのインタビューを受ける人々が、キラキラしていると感じた時のように、フラワーアーティストたちの作品もそのひとつひとつが、キラキラと輝いてみえました。

ウェディングブーケの大切な3つの素材を知ろう

ウェディングブーケとして、花嫁が選択するブーケには、キャスケードやラウンドブーケ、ティアドロップブーケなど、その特徴あるフォルムを選択する他に、その素材を選ばなくてはなりません。ブーケに使用される材料としては、切花、草木、木の実、貝殻など、自然の恵みの美しさを花束に込められている事が多いですが、その素材しては、「生花」「造花」「プリザーブドフラワー」などから選択する事ができます。1つ目の「生花」は切花として、最もポピュラーな素材だと想います。草花の鮮度の扱いなどが難しく、国内と国外と、2回の披露宴を行うような場合は、1つの生花のブーケを使いまわしするような事はできません。また通年を通して入手できない草花は、ウェディングが行われる季節によって、ブーケに使用する素材選択が大きく変わってきます。2つ目の「造花」はイメージとして、安っぽいニセモノをイメージする人々は多いかもしれませんが、現代の「造花」は、「アートフラワー」「フェイクフラワー」などと呼ばれ、従来の「造花」とは、その存在感が全く異なる事が多いです。季節を問わず、様々な草花を揃えることができるので、最近のフラワーアーティストやフラワーコーディネーターなどは、おススメ素材として、花嫁に提案される機会が多くなってきているようです。また、透明のプラスチックケースなどに入れて、保管することで、ウェディング当時の形状のまま保管ができるので、特別な日の思い出としての記念のオブジェとして活用できます。近年のウェディングでは、「造花」をチョイスする花嫁も増加しています。生花から比較すると、扱いが楽な事も特徴の1つです。3つ目の「プリザーブドフラワー」は、生花に特別な加工を施したものですので、生花と異なり長期保存が可能となっています。保存に関する環境や、保存方法には、多少の面倒はありますが、生花のような水々しさを感じるプリザーブドフラワーの人気は、絶えません、その反面、コスト面では、少々お高めになってしまいます。実際には、実在しない花の色彩などを表現する事ができることから、特別感を出したいブーケやアレンジメントにしようするフラワーアーティストらもいるようです。

最近のウェディングブーケ

最近のウェディングブーケのスタイルは、スタイルの豊富さも際立っていますが、フラワーアーティストやフラワーコーディネーターたちの、メッセージ性が強く現れているものも多い気がしています。花嫁をより美しく魅せるブーケの存在は、ウェディングに欠かす事のできないものとなっていますが、ブーケはが表現する世界は、フラワーアーティストやフラワーコーディネーターたちによって、ドラマチックにも、純朴にも、清楚にも、チャーミングにも表現されます。特別な日となる、スペシャルなブーケを求める、花嫁たちの想いを叶えるのが、フラワーアーティストたちの存在なのです。最近では、神前式で挙式を行う花嫁の為にも、和の装いを表現するウェディングブーケなども考案され、フラワーアーティストやフラワーコーディネーターたちが、そのスキルや技術をさらに磨いているようです。ウェディング以外にも、お祝いの花として、ブーケやアレンジメントは、贈る人と贈られる人の気持ちをつなぐ役割を果たしています。花を贈る気持ちというものは、相手を想う気持ちの表れであって、ウェディングブーケの由来なども、様々な場所で紹介されていますが、男性が、女性にプローポーズをする際に、花束をプレゼントした事がおおもとの由来となっているようです。ウェディングブーケに多くの女性が、こだわりをもつ理由は、やはり真実の愛の表現としのウェディングブーケを求めているからなのかもしれません。

題材としての椿

全国的に椿の名所は多く、秀吉が千利休から譲り受けたと伝えられる椿の木がある京都の大徳寺や、椿寺とも呼ばれる京都の地蔵院、他にも大島は椿まつりが有名です。椿は早春を祝う花であるため、紅白の椿の造花を木に結び付ける儀式もあるそうです。掛け花や置き花に用いられることもあり、「一花二葉」や「一花一葉」などの伝承もあると言われています。散るときには花が花首ごと落ちるため、江戸期の武士には不吉な花とされることもあったそうです。
椿は華道でも多く用いられています。一種いけをはじめ、時季が長い特徴から、花木や花などの、多くの花材と合わせて生けられることも多いそうです。藪椿や白玉椿、藪椿などが多く見られており、外国でも新品種がつくられています。椿の園芸品種は3700種を超えるとも言われており、種類によって開花時期はさまざまです。晩秋から晩春まで、幅広い開花のために重用されている花と言えるでしょう。生け方も多岐にわたる花であり、花数や枝数を少なく用い、風格良く生けることが多いそうです。名高い品種の椿の場合は枝振りを大切に生け、花盛りの場合は花を多く用い、落花にすることもあると言われています。花数が二つ、三つ以上のときには、つぼみを混ぜると見栄えがよくなります。花の落ちた後の花がらの部分は取り除き、葉には布拭きをしてつやを出します。
茶席での椿は、つぼみのままで出すとも言われています。これは、椿は開花した状態よりも、つぼみである直前の状態の方が生き生きとして見えるからです。他にも、「開花した状態は鮮やか過ぎて茶室に合わない」という説もあるそうです。茶室は禅の修行の場とも言われており、過度な鮮やかさは不要とされています。

こうした知識も華道家にとってはとても重要なことのように思います。

花を生けるだけではなく、その意味合いなんかもこれから知っていけるとよいですね。

題材としての梅

梅は春の到来を告げる使者として、中国をはじめ日本でも歌として詠まれています。葉よりも先に花が咲く特徴を持っており、香りが高く、気品ある印象を与えます。熱海や奈良、などの多くの名所が知られ、吸収の太宰府天満宮は梅祭りが有名です。百花の先駆けとして咲いている梅と、年の最後を飾る菊とで「梅は花の兄、菊は花の弟」ということわざもあるそうです。春の訪れを探し歩く「探梅」という言葉からも分かるように、風流や雅さなどを表現できる花と言えるでしょう。
梅は、華道の題材として使われることが多いそうです。花材としては、白梅や早梅、紅梅などを用います。梅派は古来より、文学にも多く題材を持ちます。そのため、詩歌などを元にして作られたいけばなの作品も多くあるそうでず。梅をいけるときには、苔付きのものや古木などを使用し、角のある枝振りを生かして空間を作るそうです。ためは比較的自由に行えますが、梅に関しては自然の枝振りを生かすことが大切と言われています。梅は、「ずばえ(ずわえ)」を持つという特徴があります。ずばえは、古木から新しく出る今年の枝を指し、天を衝くように勢いよく出ています。このずばえを表現に加えることで、春の生命の息吹を表すことができるそうです。
梅を生けるときには一種の作品はもちろん、白梅と紅梅を用いた「紅白生け」で使用することもあるそうです。他にも、梅は梅以外の植物との取り合わせが多く、花は松竹梅をはじめ、スイセンやツバキなどが代表されます。大木や古木が使うこともあるそうで、その種類は多岐にわたります。いけばなを置くスペースがない部屋であっても、一本を生けるだけで華やかな印象を与えることができます。

華道家を目指すうえで、梅の題材は必ず扱うことになるでしょうから、今のうちに梅のいけばなを学んでおいて損はないはずです。