華道の流派

華道にはたくさんの流派が存在しますが、元をたどれば一つであるのをご存知でしょうか。つまり華道の淵源は一つだったのですが、時代が下るにつれて枝分かれしてきたのです。枝分かれしたからといって、単に反目し合ってきたわけではありません。それらは切磋琢磨しながら、自らの流派を磨き上げてきたのです。あまり多くの流派を紹介しても意味がありませんから、ここでは3大流派を中心にご紹介することにしましょう。

とはいえ、流派を学ぶ前に、基本中の基本を学んでおく必要があります。まず「生け花」と呼ばれる概念ですが、生け花の主役である花材と呼ばれる役が存在します。花材にはさらに下位カテゴリーが存在し、それぞれの役は役枝と呼ばれます。役枝の数は流派によって異なりますが、先述した3大流派においては、3つとされています。それらは、「天」、「地」、「人」を表現するものです。但し、流派ごとに呼び方が異なるので注意が必要です。例えば池坊では、「真」「副」「体」と呼ばれ、草月流では「体」の代わりに「控」と呼ばれています。因みに小原流は役枝を2つにしています。従って、「主枝」「客枝」の2つに分かれています。

生け花には基本的な形があります。生ける順番は真、副、体の順ですが、完成形が三角形になるように作成します。しかしいわゆる二等辺ではなく、不等辺であるのが特徴です。当然花は立体ですから、奥行きも表現します。その際、「真」が奥になるように配置します。この方法で空間を生み出すことが出来るのです。小原流のように役枝が2つの場合は、「主枝」を強調するようにしましょう。もちろん客枝も中心であることに変わりはなく、手前に堂々と配置します。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です