ウェディングのフラワーアーティスト

「ウェディング」という人生の中でも、特別な日とされる大切な日に、素敵な花飾りや花々の演出を手がけてくれる人々を、フラワーアーティストと呼ぶそうです。先日、出席した友人の結婚式がフラワーアーティストの演出によるものだった事から、その存在をはじめて知りました。フラワーアーティストたちは、会場の演出から、花嫁のドレスにマッチした、ブーケや花飾りなどを提案する事はもちろんの事、新郎の胸元に飾るブートニアに至るまで、細部に渡るデザインしてくれるそうです。私が、出席した結婚式では、テーブルフラワーとして、白を基調とした花々がアレンジされていました。見る者を魅了するそのコーディネートに、私は、席に着いた一瞬で引き込まれてしまいました。結婚式に訪れた、ゲストたちの会話もほがらかに場を和ませてくれるような花々の存在が、そこにはありました。皆さんは、そのような花々の存在に、一瞬で魅了された事はありますか?フラワーアーティストたちの作品は、同じ花々を花材として使用していても、個性的なセンスによって、七変化してみせるものです。絵画展を観賞するように、彼らの作品に触れことは、皆さんの生活をより豊かなものにしてくれるのではないかと考えています。新進気鋭なるフラワーアーティスト作品を目の前で堪能できるイベントなどに足を運んでみることは、皆さんの内なる新たな感性を呼び起こすキッカケとなるかもしれません。私は、友人の結婚式に出席した際に、フラワーアーティストにコーディネートされた空間に魅了させられてから、私自身の日常を彩る草花の豊かさに日々、気付かされ、草花とともにある新たな生活スタイルを心掛けるようになりました。是非、皆さんも機会がありましたら、フラワーアーティストが手がける花々たちの造形美に魅了されてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です