可能性を広げる

フラワーアーティストのお仕事というと、ウェディング装花や葬儀場の顕花を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、レストランなど飲食店や、ブティックなどの植木や花々などのコーディネートを、一手に任される事もあるようです。その他には最近では、オフィス内における、緑や花々の需要も高まり、オフィス内の空調や温度、日当たりなどを考慮しながら、草花の種類を選別し、それぞれの配置などを企画&提案を行ったりと、様々な分野で活躍の場を広げているようです。オフィス内の草花のコーディネートの他には、通年を通した植木や花々の水やりや、肥料の管理など、育成に関するトータルなケアを請け負う事もあり、オフィス全体をデザインするようなグリーンや、花々のあるオフィスを癒しの空間として創造する依頼が舞い込むこともあるようです。フラワーアーティストは、草花の建築家、装花の彫刻家などと異名をもつ事もあり、その仕事ぶりや需要は、現代社会において幅の広い多様なニーズが求められています。病院などでは、草花を館内に配置する事でヒーリング要素をもった、草花の活用法などとして、意図的に用いられる事もあり、草木の持つヒーリングパワーやエネルギーが密かに注目を集めてもいます。また改装オープンの店舗や、新規オープンの店舗前に飾られた、大きめの花輪などが以前は、街行く人々の多くの視線を集めていましたが、最近のお祝いの花としての装花は、その装いを大きく変化させ、定番であった花輪の形状のものから、フラワーアーティストらによる作品のようなスタイリッシュなスタイルの増加傾向がりあます。従来の大きな花輪と比較すると、小ぶりであるのでインパクトさは劣りますが、リッチでエレガントな花々に彩られたデザイン性の高い、お祝い花は、様々なお祝いのシーンにマッチしやすく好まれているように感じます。従来型の大きめの花輪タイプのお祝い花としては、地域住民や通行人の目を引くインパクトさはありますが、店舗のコンセプトに相反するイメージを与えるケースも考えられ、使われる場面によってお祝いの花は装いを多様に変化させるようになりました。その立役者ともなるのは、フラワーアーティストらによるハイセンスな作品への新たな試みによるムーヴメントの中で、その魅力的な存在が巻き起こした革新なのではないかと考られます。皆さんも次々と、思わぬところで、フラワーアーティストたちの作品の発見と出逢える機会があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です