転職希望者集まれ!

フラワーアーティストとして転職してみたいという声を多く耳にするため、フラワーアーティストとしてのお仕事調査をしてみました。年齢制限や、特殊な資格、検定が必要では無い分、奥が深く幅広い様々な知識、スキルを求められるお仕事なのだなというのが実感でした。実際には、材料の仕入れの為、早朝の市場へ行ったり、花々の下処理や水揚げとして過酷な水仕事があったり、植物の保存環境を安定させるために、室内の温度を過剰な設定にしたりと、人間が住み心地の良い環境内での作業ばかりではなさそうです。そのような安易ではない環境下でも人々の間で、フラワーアーティストの職業は、憧れの就職先として注目を集めています。私自身も、転職サイトなどのフラワーアーティスト関連の特集記事に魅了されるように、フラワーアーティスト関連の記事を集めるようになりました。でえすが、いざ転職を考えるとなると、それなりに覚悟が必要な職業のようです。フラワーアーティストを目指す事は、入り口としては、狭き門ではなさそうですが、安定したお仕事を得ていく為には、自分にあったスタイルをみつけていく必要性がありそうだなと感じました。正社員、契約社員、アルバイト、パート、フリーなどといった、様々な形態での職場はみつかりそうですが、私自身が、どのようなフラワーアーティストになりたいのかという、まずは、初歩的な目標を掲げていきたいと考えています。フラワーアーティストは、ウェディング、葬儀、記念日、などの特別な日に加え、ホテル、レストラン、イベント、コンサート会場、テレビ放送など、あらゆる場で、その活躍をみせる職業でもあります。皆さんも、日常生活や街中に溢れるフラワーアーティストのお仕事を見つけ出してみて下さい。新たな発見がみつかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です