ウェディングという舞台

フラワーアーティストが作るウェディング装花は、花嫁のもつブーケ、新郎の胸に飾るブートニアの他に、テーブルフラワーやフラワーオーナメントなど様々な姿、形があります。材料となる草花や、装飾品が多ければ多いほど、豪華には感じますが、その分費用が増えるのではないかと、コスト面での心配も増加していきます。フラワーアーティストとしてのお仕事は、ウェディングなどの依頼を受けた会場を、華やかで素敵な空間に仕上げる必要はありますが、依頼者から受けたコスト内の企画を打ち出し実現させなくてはなりません。いくらウェディングデコレーションがうまくいったからといっても、提示されたコストを上回ってしまったら、フラワーアーティストとしての仕事を成功させた事にはつながりません。フラワーアーティストには、作品としての成功と、コスト面からの成功を成し遂げるミッションが課されているのです。材料となる生花は、季節ごとにもその価格は上下し、常に安定しているものではありません。依頼者が提示するコストで、華やかなウェディングを演出するには、どのような花々を使用することで、ベストな環境を作り出せるのであろうかといった、花々に幅広く深く精通する専門的な知識が必要とされるお仕事でもあります。花々をデザインする感性やセンスはもちろん必要ですが、花々を長持ちさせる知識や、季節を盛り込んだ作品づくり、目的や用途に合わせた花選びなど、臨機応変なスキルが問われる職業でもあるのです。実際に、フラワーアーティストとして活動するためには、お花を生けているだけでは、成し遂げられないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です