ウェディングブーケの大切な3つの素材を知ろう

ウェディングブーケとして、花嫁が選択するブーケには、キャスケードやラウンドブーケ、ティアドロップブーケなど、その特徴あるフォルムを選択する他に、その素材を選ばなくてはなりません。ブーケに使用される材料としては、切花、草木、木の実、貝殻など、自然の恵みの美しさを花束に込められている事が多いですが、その素材しては、「生花」「造花」「プリザーブドフラワー」などから選択する事ができます。1つ目の「生花」は切花として、最もポピュラーな素材だと想います。草花の鮮度の扱いなどが難しく、国内と国外と、2回の披露宴を行うような場合は、1つの生花のブーケを使いまわしするような事はできません。また通年を通して入手できない草花は、ウェディングが行われる季節によって、ブーケに使用する素材選択が大きく変わってきます。2つ目の「造花」はイメージとして、安っぽいニセモノをイメージする人々は多いかもしれませんが、現代の「造花」は、「アートフラワー」「フェイクフラワー」などと呼ばれ、従来の「造花」とは、その存在感が全く異なる事が多いです。季節を問わず、様々な草花を揃えることができるので、最近のフラワーアーティストやフラワーコーディネーターなどは、おススメ素材として、花嫁に提案される機会が多くなってきているようです。また、透明のプラスチックケースなどに入れて、保管することで、ウェディング当時の形状のまま保管ができるので、特別な日の思い出としての記念のオブジェとして活用できます。近年のウェディングでは、「造花」をチョイスする花嫁も増加しています。生花から比較すると、扱いが楽な事も特徴の1つです。3つ目の「プリザーブドフラワー」は、生花に特別な加工を施したものですので、生花と異なり長期保存が可能となっています。保存に関する環境や、保存方法には、多少の面倒はありますが、生花のような水々しさを感じるプリザーブドフラワーの人気は、絶えません、その反面、コスト面では、少々お高めになってしまいます。実際には、実在しない花の色彩などを表現する事ができることから、特別感を出したいブーケやアレンジメントにしようするフラワーアーティストらもいるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です