題材としての椿

全国的に椿の名所は多く、秀吉が千利休から譲り受けたと伝えられる椿の木がある京都の大徳寺や、椿寺とも呼ばれる京都の地蔵院、他にも大島は椿まつりが有名です。椿は早春を祝う花であるため、紅白の椿の造花を木に結び付ける儀式もあるそうです。掛け花や置き花に用いられることもあり、「一花二葉」や「一花一葉」などの伝承もあると言われています。散るときには花が花首ごと落ちるため、江戸期の武士には不吉な花とされることもあったそうです。
椿は華道でも多く用いられています。一種いけをはじめ、時季が長い特徴から、花木や花などの、多くの花材と合わせて生けられることも多いそうです。藪椿や白玉椿、藪椿などが多く見られており、外国でも新品種がつくられています。椿の園芸品種は3700種を超えるとも言われており、種類によって開花時期はさまざまです。晩秋から晩春まで、幅広い開花のために重用されている花と言えるでしょう。生け方も多岐にわたる花であり、花数や枝数を少なく用い、風格良く生けることが多いそうです。名高い品種の椿の場合は枝振りを大切に生け、花盛りの場合は花を多く用い、落花にすることもあると言われています。花数が二つ、三つ以上のときには、つぼみを混ぜると見栄えがよくなります。花の落ちた後の花がらの部分は取り除き、葉には布拭きをしてつやを出します。
茶席での椿は、つぼみのままで出すとも言われています。これは、椿は開花した状態よりも、つぼみである直前の状態の方が生き生きとして見えるからです。他にも、「開花した状態は鮮やか過ぎて茶室に合わない」という説もあるそうです。茶室は禅の修行の場とも言われており、過度な鮮やかさは不要とされています。

こうした知識も華道家にとってはとても重要なことのように思います。

花を生けるだけではなく、その意味合いなんかもこれから知っていけるとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です