独学での学習

いけばなに興味を持ち「学びたい」と感じたとき、多くの場合は華道教室に通います。しかし、教室に通わない独学で学ぶことは可能なのでしょうか。
結論から言うと、「独学では非常に難しい」と言えるでしょう。まず、いけばなには多くの流派が存在します。流派ごとにいける方法や癖、特徴などが違っています。どの流派であっても、それぞれが勉強して行きついた形式こそが流派と言えます。独学ではそもそも流派自体を学ぶことができませんし、基本が身に付きにくいと言えるでしょう。近くに先生がいるということは、間違いを指摘してもらえる状態です。独学の場合は自分一人しかいないので、どうしても間違っている部分を直せません。基本ができていないときには、まず教室に通うことが無難です。また、教室であれば先生同士のつながりがある状態ですので、展示会に参加をしやすくなるなど人脈も作りやすくなります。他にも、免状が欲しいと思ったときには、絶対にどこかの流派に属さなくてはなりません。免状は「どこの流派で、どれだけの実力があるか」を示すもので、流派の本部での登録が必要です。
独学で補える部分ももちろんあります。本を読んで勉強することはちょっとしたコツなどを学ぶ機会になりますし、知識は自分一人であってもいくらでも吸収ができます。また、「華道教室に通うほど好きか分からない」という人には独学は有効です。綺麗だと思った花を自分の方法で飾ることは、いけばなの初心になるかもしれません。しかし、いけばなの実践的な能力を身につけるには、独学では限界があります。敷居が高いと感じる場合には、体験という形で一度だけ華道教室に参加をすることも可能です。軽い気持ちで、まずは華道教室を経験してみて、華道家の道を考えるのでも遅くはありませんよ。